パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】FFコラボキャラに対する考察・感想【ドット、新キャラ】

本日のパズドラ公式アカウントでFFコラボの全ての情報が揃ったので、新モンスター及びドットに究極進化したモンスターに対しての感想や意見などを述べていきたいと思います。

 

まず新キャラについてです。

今回のガチャ新キャラは全部で4体おり、そのいずれのスキルも「3ターンの間強化ドロップが50%の確率で落ちてくる。+何らかのドロップ変換」というスキルになっています。

 

このスキルはつい最近実装された星6フェス限のカミムスビと同様のもので、これまでにない新スキルです。

 

正直現時点では微妙と言われていますが、三人マルチ適性など今後様々な可能性を秘めているので期待しておきたいところでございます。

 

また、それに付随して全モンスターに最低2つの強化ドロップ覚醒スキルがついています。

 

スキルと噛み合った覚醒という所でしょう。

 

それでは1体ずつ見ていきたいと思います。

 

まずはプリメロ・レェン&ラァンです。

f:id:supermisosiru:20170714195656p:plain

このモンスターは銀で追加ということで性能的にはさほど強力ではないものとなっておりますが、逆に考えれば最も安価で引くことのできる3ターンの間強化ドロップが50%の確率で落ちてくるスキルなので入手難度的にも継承できるという点でもお買い得かもしれません。

 

 

次からは金玉で、王の剣・プロンプトです。

f:id:supermisosiru:20170714195730p:plain

このモンスターの特徴はマシンキラーが付いているところで、水のマシンキラー持ちは超究極のアモン、アビスネプチューン、イズイズ、ラクシュミー程度しか存在せず、非常に貴重な存在となっています。

 

水パでマシン系の降臨ダンジョンなどを周回する際はスキルターンが短いことも相まって必須になってくる場合もあるモンスターとなっています。

 

 

次は若き解放者・リセです。

f:id:supermisosiru:20170714195756p:plain

リセは今流行りの7コンボ強化を2つ持っており、若干攻撃力が低いもののかなりの高火力を出すことができます。

 

回復とお邪魔ドロップを火ドロップに変化するということで、火のコンボパのサブとして採用の余地があるモンスターです。

 

 

そして、唯一星6で追加された最速の空賊・バルフレアです。

f:id:supermisosiru:20170714195823p:plain

バルフレアは星6ということもあって、覚醒スキルがフルで9個用意されておりなかなかバランスの良い覚醒スキルとなっています。

 

このモンスターはサブと言うよりはリーダー向きの性能で、3色以上同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が3倍。強化ドロップを含めて5個消した属性の攻撃力が4倍。というリーダースキルを持っています。

 

なかなかパズル難易度がゆるく、なおかつ12倍の火力と軽減が出せるのでリーダー性能をいかんなく発揮することができるでしょう。

 

7コンボ強化も持っているので単体としての火力も申し分ありません。

 

バインド耐性や操作時間延長を持っているのはリーダー適性がとても高いといえます。

 

 

また、今回は3人でワイワイに新ダンジョンが追加され、このヤズマットがダンジョンでドロップします。

f:id:supermisosiru:20170714195844p:plain

覚醒スキルが封印耐性4つにスキルブースト、操作時間延長ということで、封印耐性5つのラグウェルに似た運用ができそうです。

 

加えてスキルが「2ターンの間チーム内の封印耐性の覚醒数に応じて攻撃力が上昇する」という、いわゆる宝石エンハンスシリーズに類似したエンハンスで、最短12ターンという短いターン数でエンハンスが打てるのでこれはラグウェルと差別化できる利点であると感じました。

 

周回パのお供としてなかなか使い勝手が良さそうなモンスターと言えるでしょう。

 

 

新モンスターについては以上となります。

 

今回の新キャラの総評としましては、最近のコラボガチャは一貫した傾向として、追加された新モンスターは極端に強く、既存のモンスターの上方修正は大して強くないという傾向がありましたが、今回はどういうわけか新モンスターは性能がずば抜けて高いとは言えず、むしろ後述する既存のモンスターの新究極であるドットの方が性能が高いなと感じました。

 

このようにしてくれるとユーザー的には使用する消費魔法石量が少なくて大変ありがたいところですが、運営的にはどのような考えでこのようにしたのでしょうかね。

 

 

次に、既存モンスターのドットによる究極進化をまとめていきたいと思います。

 

全てのモンスターに、これまでどのモンスターにもついていなかった新覚醒である噂のダメージ無効貫通が付いています。

 

これにより凶悪なダメージ無効を行っている敵をスムーズに倒しやすくなるので、各種ドットモンスターは1体ずつ入手しておいても損はないモンスターとなっています。

 

個人的には先程の新モンスターよりもこちらの方が注目度は高いのではないかと感じました。

 

また、排出時に星5のモンスターはスキルのヘイストが「敵全体に99の固定ダメージ」、もしくは「ドロップのロック状態を解除」に変化しているモンスターがほとんどです。

 

ドロップのロック解除は時代の流れに沿った強力な効果です。

 

敵全体に99の固定ダメージは主に転生エンシェントドラゴンナイトセロの様な100以上のダメージを無効化してくる敵などに非常に有効です。

 

しかしよく考えればダメージ無効なのでこのモンスター達はドロップを9個まとめて消した方が簡単に倒せますね。

 

そう考えると敵全体に99の固定ダメージはなかなかヘイストと比べると難しいところと言えるのではないでしょうか。

 

タンやぷれドラには有効なので一概に良いとも悪いとも言えません。

 

そして、排出時に星6のモンスターはスキルが多少変化したものもあれば、まるで別物となったモンスターもいて、多岐に富んでいて面白いこととなっています。

 

さてここからは個別にモンスターを見ていきましょう。

 

まずはドット・オニオンナイトです。

f:id:supermisosiru:20170714195929p:plain

オニオンナイトは既存の光の戦士・オニオンナイトからのもう1段階上の究極進化で、覚醒にダメージ無効貫通が1つ付いた形となっています。

 

基本的にはそこまで変わりはありませんが、リーダースキルは初心者にも使いやすいお手軽6倍というリーダーになっています。

 

 

次はドット・ティナです。

f:id:supermisosiru:20170714195948p:plain

ティナは上方修正があったこともあり、進化前のトランス・ティナが持っていた9個の覚醒からむしろ覚醒数が減ってしまったというなかなか面白い究極進化となっています。

 

ですが新たにダメージ無効貫通が追加されましたので差別化はできています。

 

スキルが左端縦1列を火に、右端縦1列を光ドロップに変化するというかなり優秀な縦ドロップ変換スキルなので、加えてロック解除も追加されたということで使える場面はたくさん出てくると思います。

 

リーダースキルは列と同時攻撃のハイブリッドということでなかなか難しそうですが、比較的簡単に出すことのできるリーダースキルだと思いました。

 

 

次はドット・ジタンです。

f:id:supermisosiru:20170714200008p:plain

これも同様に上方修正が入っていたので究極進化によりむしろ覚醒数が減ります。

 

水を木に、闇を光に変化させるというライダーシリーズのダブルドロップ変換に似たスキルで、なかなか使い勝手は難しいところですがどこかに使い道があるかもしれません。

 

リーダースキルは耐久寄りです。

 

正直攻略用には微妙に難しいかとは思いますが、周回パに使うと考えた場合、今現在発表されているダメージ無効貫通を持った木属性のモンスターはこのジタンと、同じくFFコラボのドット・バッツしかいません。

 

バッツはスキルブーストを1つも持っていないのに対しこちらはスキルブースト2個持ちでかつターン数が7ターンということで、周回パ筆頭の転生劉備パにおいてはおそらくこのFFコラボが実装された初期の環境では無効対策としてはこのドット・ジタンが最適解になるのではないかと予想いたします。

 

そのような理由からも、持っている方は大丈夫ですが持っていない方で早速ダメージ無効で貫通をしたいという場合はこのモンスターを引いておくことをお薦めします。

 

 

次に、ドット・シャントットです。

f:id:supermisosiru:20170714200032p:plain

シャントットも同様に上方修正が施されていたのでもともとの闇属性強化6個と木属性強化3個が闇属性強化5個とダメージ無効貫通になりました。

 

シャントットはもともと優秀な上下列変換スキルを持っており、今回はさらにロック状態を解除するということになったのでヴァンと同様に極めて強力な周回パのアシストもしくはサブとして使うことができるでしょう。

 

闇属性強化も多く持っていてかつダメージ無効貫通を持っているので闇周回パのサブで非常に活躍が見込まれるモンスターです。

 

リーダースキルは発動条件が難しいですがサブとしてなかなか優秀なモンスターになったと感じました。

 

 

それと同様に、現在も周回パの超優秀継承として絶賛活躍中のヴァンドット・ヴァンになりました。

f:id:supermisosiru:20170714200054p:plain

このヴァンも無効貫通になりました。

 

シャントットのスキルと同様に、ロック解除になった上にもともと優秀な上下列変換スキルということで更なる活躍が期待できます。

 

リーダースキルはそこそこといったところです。

 

 

次にドット・スコールです。

f:id:supermisosiru:20170714200119p:plain

「だったら壁にでも話してろよ」

 

やばい、継承に使えそう

 

スコールもダメージ無効貫通になりました。

 

ヘイストがロック解除になり、ロック解除+攻撃態勢変換スキルでなおかつ6ターンということでスキル的にはなかなか強くなりました。

 

リーダースキルが微妙なのでサブか継承用ですが、使い道は出てきたかと思います。

 

また、ダメージ無効貫通の覚醒スキルを持った火属性モンスターは前述のオニオンナイト、ティナ、そしてこのスコールだけなので、その中で唯一スキルブーストを1つ以上持っているのがこのスコールだけなので現状火の周回パで無効貫通をしたい場合はこのスコールが最適解と言えます。

 

 

次にドット・リノアです。

f:id:supermisosiru:20170714200143p:plain

リノアも無効貫通。

 

このリノアは星5にかかわらずスキルがまるで別物になり、「ドロップのロック状態を解除。回復とお邪魔ドロップを水ドロップに変化。」というスキルになっています。

 

アイデンティティであった4ターンバインド回復とHP5000回復はなくなりましたが、単純に優秀なロック解除付き攻撃態勢水スキルということで活躍が見込めます。

 

追記ですが、公式アカウントによりますとこの画像のリーダースキルが誤っており、正確には4コンボで攻撃力が1.5倍、5コンボ以上で2倍とのことです。

 

確かにこれでは4コンボ丁度の時の倍率がわけがわからないことになってしまいます。

 

 

次にドット・バッツです。

f:id:supermisosiru:20170714200202p:plain

バッツも同様にダメージ無効貫通になりました。

 

スキルがロック解除になったことで元々の両端縦一列木ドロップ変化というなかなか強力な効果と相まって様々なパーティーで活躍することでしょう。

 

リーダースキルはシャントットなどと若干異なり、列プラス木の2コンボ以上ということになっています。

 

 

次はドット・ティーダです。

f:id:supermisosiru:20170714200225p:plain

スキルが別物となり、エンハンス+ヘイストが「敵全体に99の固定ダメージ。火ドロップを水に、闇ドロップを光に変化。」というスキルになりました。

 

正直あまり使い道が思いつきませんがどこかで局所的に使えることもあるかもしれません。

 

 

次にドット・ヤ・シュトラです。

f:id:supermisosiru:20170714200244p:plain

ヤシュトラはもともと究極進化があったので進化後からの究極分岐となっています。

 

ゆえに究極後のアイデンティティであったバインド回復2つはなくなりましたが、そのかわりにダメージ無効貫通が付きました。

 

スキルも英雄変換+ヘイストというスキルから英雄変換+ロック解除というスキルになりました。

 

ここで少し疑問に思ったのがスキルターンがこれで7ターンということです。

 

ほぼ同じスキルを持っており木を回復に変化するアマツマガツチが存在しますが、ターン数は8です。

 

コラボ系ではよくあることで、ほぼ同じスキルでもターン数が違うということはよくあるのでアマツマガツチの方もぜひ短縮してもらいたいですね。

 

リーダースキルは十字消しプラス水の列ということでかなり難しいですが、パズルをすることができれば強力なリーダースキルです。

 

 

以上が星5排出のドットモンスターでしたが、ここからは星6排出のモンスターを見ていきましょう。

 

まずはドット・ティファです。

f:id:supermisosiru:20170714200308p:plain

列が2個消え、そのかわりに各種バランスの良い覚醒がつきました。

 

チーム内HP強化もついたということで、チームのHPに貢献することができます。

 

これまでの星8の想い秘めし者・ティファと比較すると、スキルの「3ターンの間、受けるダメージを軽減。」が「1ターンの間、1コンボ加算される。」になり、スキルターンが8ターンから7ターンになりました。

 

リーダースキルの倍率がかなり向上し、「7×6盤面になる。光を7個以上つなげると攻撃力が7倍、回復力は2倍。」ということになりました。

 

元々は最大5倍であったので、火ドロップが対象外といえどもこれは強化と言えるのではないでしょうか。

 

純粋に強くなったという印象を受けました。

 

 

次はドット・ユウナです。

f:id:supermisosiru:20170714200328p:plain

チーム内回復力強化とダメージ無効貫通になりました。

 

スキルが完全に別物となり、受けるダメージを半減+ヘイストから「火、回復、お邪魔、毒ドロップを光ドロップに変化。1ターンの間、1コンボ加算される。」というスキルになりました。

 

これも相互互換といえますが、防御的なスキルから完全に攻撃的なスキルとなって、単純に強いスキルとなりました。

 

リーダースキルが木カーリーの様な多色&列パということで、発動は難しいが発動すればかなりの攻撃力を得ることができるというリーダースキルです。

 

具体的な使い道がよく分かりませんがまあ基本スペックは高いと思われます。

 

なお、このタイミングで本家ユウナが7コンボ強化を2つもらったので個人的にはそちらのほうが強力だと思います。

 

 

次にドット・ノクティスです。

f:id:supermisosiru:20170714200409p:plain

ノクティスもチーム内回復力強化とダメージ無効貫通と変化しました。

 

2体攻撃が闇属性強化となり、コンボパから一気に列パへと変化。

 

スキルもまるで別物となり、「火、水、木ドロップを闇ドロップに変化。1ターンの間、1コンボ加算される。」という、前代未聞の三色ドロップ変換スキルとなっています。

 

期待値でいえば盤面の3分の2を闇ドロップに変化させるということで、13ターンではありますがかなりの強スキルということができるのではないでしょうか。

 

リーダースキルもかなり変更されて、「ドロップを3個以下で消せないが、全パラメータが1.5倍。闇を6個以上つなげると攻撃力が上昇、最大6倍。」というリーダースキルになりました。

 

全パラ2.25倍で攻撃力が81倍ということで、なかなか強力なリーダーといえますね。

 

 

次にドット・セシルです。

 

セシルは元々究極進化分岐だったこともあり、ドットも分岐究極という形をとられることになりました。

 

ドット・暗黒騎士・セシルは、チーム内HP強化とダメージ無効貫通。

f:id:supermisosiru:20170714200438p:plain

リーダースキルが「攻撃と体力タイプの攻撃力と回復力が2倍。闇光の同時攻撃で攻撃力が4倍。」ということで、HP倍率はないものの単純に安定した倍率が出せるいいリーダースキルであると感じました。

 

このモンスターの見所はやはりスキルです。

 

「ドロップのロック状態を解除。全ドロップを光、闇、回復ドロップに変化。」というスキルです。

 

このロック解除+陣変換というスキルは、これまでにも雷神やコラボガチャのルーシィのように5属性や6属性、もしくはからくり五右衛門のように花火+ロック解除という形でなされていましたが、どれも属性が多すぎたり1色だったりと多少独特でしたが、このセシルは優秀な3色陣+ロック解除ということで、ただ単純に攻略周回問わず優秀なスキルとなりました。

 

このスキルのためだけでもセシルを引いておく価値はあるかと思います。

 

ドット・パラディン・セシルもチーム内HP強化とダメージ無効貫通に変化。

f:id:supermisosiru:20170714200459p:plain

こちらは先ほどの暗黒騎士と比較してスキルがロック解除ではなく1コンボ加算に変更されました。

 

どちらにせよ一長一短ですが、基本はこちらの方が火力的に安定かと思います。

 

リーダースキルも似たような感じで、体力と回復タイプの違いです。

 

 

次にドット・クラウドです。

f:id:supermisosiru:20170714200521p:plain

クラウドは元々システムを組むことができる優秀な周回用モンスターで、私自身もこのクラウドはシステム運用ができることからも強化が非常に気になっていたモンスターです。

 

性能を見てみますと、アイデンティティであったヘイストが消え、1ターン1コンボ加算に変化しました。

 

そしてリーダースキルがスキル発動時という条件から光を6個以上つなげると攻撃力が上昇、最大5倍という列パのリーダースキルに変更となりました。

 

そうですね、個人的には周回パとして何度も使わせてもらった思い出があるので既存のクラウドもかなり愛着がありますが、このクラウドは周回用と言うよりは攻略用という感じがします。

 

ただ単純にHP倍率が4倍であることに加え、攻撃力倍率が10倍で、さらに無効貫通を持っているということで極めて優秀なリーダーとなったのではないでしょうか。

 

これまで通りアマテラス、もしくは最近登場した3ターンの間HPを30%回復などというモンスターたちと組み合わせればかなり安定した攻略パーティーが組めると考えます。

 

また、悪魔キラー持ちということもあり無効貫通でアザトースにも強く出られそうです。

 

ただ単純に強いと思ったモンスターですが、私は攻略パーティは比較的持っているのでやはり独特な動きをするクラウドシステムは崩したくないと言う印象です。

 

 

次にドット・セフィロスです。

f:id:supermisosiru:20170714200633p:plain

セフィロスは元々多色パの印象が強く、当時のマシンゼウス降臨の最適解とも言えるリーダーであった強力なリーダーです。

 

多色パとして強力だったセフィロスですが、今回は一転して単色列パと変化しました。

 

スキルが「両端の縦1列を闇ドロップに変化。1ターンの間、1コンボ加算される。」という完全に単色パのスキルと化し、リーダースキルも「攻撃と悪魔タイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍。闇を6個以上つなげると攻撃力が上昇、最大4倍。」と言う織田信長に似た完全な闇単色列パとなりました。

 

列パのわりに両端変換という事で、そこはよく分かりませんがリーダースキルが非常に強力なのでこのスキルを使った後にディアデムなどの横1列変換を使えば一気に14個つながった列ができるということでそういうふうに使うのも面白いかもしれません。

 

また、こちらはマシンキラーを活かしてミルをワンパンできる素質を持っています。

 

 

そして最後となりますがドット・ライトニングです。

f:id:supermisosiru:20170714200734p:plain

個人的にはこのドットライトニングが今回のドットキャラの中では最も引いておくべき優秀なモンスターであると感じました。

 

まず覚醒スキルはチーム内HP強化とダメージ無効貫通に変化といった感じですが、スキルが「最下段横1列を光ドロップに変化。1ターンの間、2コンボ加算される。」ということで、これは唯一無二の列変換+2コンボ加算スキルなので花火の後にこれを打って左右どちらかの光ドロップ3つを上に1段ずらせばそれだけでお手軽6コンボです。

 

このように大変周回に向いた、素晴らしいスキルであると感じました。

 

周回を円滑に行うのであればこのドットライトニングは少なくても1体は持っておきたい人権クラスのモンスターではないかと。

 

加えてリーダースキルもなかなか強く、「攻撃と回復タイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍。光を6個以上つなげると攻撃力が上昇、最大4倍。」という、最大火力が12倍のかなり強めのリーダースキルとなっています。

 

このモンスターはスキルブーストを3つも持っているので、今回のダメージ無効貫通持ちの中ではいろんな意味でもかなり扱いやすい極めて優秀なモンスターであるといえるので、持っている方はこちらに究極進化させることも念頭に入れ、持っていない方は個人的には是非引いておいた方がよろしいかと思います。

 

それぐらい優秀なモンスターだと感じました。

 

 

モンスターに対しての感想は以上です。

 

そうですね、全体を通しての感想としましてはやはり前述の通り、ドットの方が強いという印象を受けました。

 

特にライトニングは周回で必須レベルのスキルを持っているので非常に優先度が高いと感じます。

 

このFFガチャは対象キャラが前代未聞の28体ということで、第1弾から比較して狙ったモンスターを引くということは大変難しくなってきています。

 

ゆえに、今回でもう第4弾までは来ていますが、ライトニングを引いておきたいという方は次の第5弾で新モンスターがさらに追加されるという懸念からも益々ライトニングは今のうちに引いておいた方が良いと感じました。

 

非常に技マシンとしても優秀なモンスターが多いので、5000円1セットほどは引いておいて損はないと思います。

 

以上、FFコラボモンスター発表に対する私の感想、考察でした。

 

ご閲覧ありがとうございました!