パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】荊龍喚士・ヴェルド、衛龍喚士・ラシオスの考察まとめ【アシスト進化】

今回は、「魔法石10個!龍契士&龍喚士ガチャ」で初登場となる、荊龍喚士・ヴェルド衛龍喚士・ラシオスについての考察をしていきたいと思います。

 

この2体はともにアシスト進化ができるモンスターであり、進化前の状態で元々性能が高く、進化前の状態のままかそれともアシスト進化するかというモンスターになっています。

 

それぞれ見ていきましょう。

 

 

荊龍喚士・ヴェルド

 

f:id:supermisosiru:20170922005247p:plain

 

まずは荊龍喚士・ヴェルドの進化前。

 

2体攻撃を3つ持ち、操作時間延長2つ、スキルブースト封印耐性とバランスの良い覚醒スキルになっています。

 

ステータスもバランスよく、スキルが「敵の行動を1ターン遅らせる。全ドロップを火、水、回復ドロップに変化。」というもの。

 

遅延+回復を含む三色陣で11ターンという、かなり強力なスキルになっています。

 

そしてリーダースキルが「ドロップを3個以下で消せないが、攻撃力と回復力が3倍。水火の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が3.5倍。」というもので、昔のキン肉マンの様なリーダースキルです。

 

ドロップ操作は難しくなってしまいますが、最大倍率10.5倍に加えて軽減倍率と十分すぎるほどの回復力があるので、非常に安定感がありそうなパーティーです。

 

バインド耐性がないのは惜しいところですが、それを差し引いてもなかなか強力なパーティーが組めそうです。

 

警守の荊龍喚士・ヴェルド

 

警守の荊龍喚士・ヴェルド

 

次にアシスト進化後の警守の荊龍喚士・ヴェルドを見ていきましょう。

 

アシスト進化用にステータスが下がってしまいますが、2体攻撃、水ドロップ強化、火ダメージ軽減の覚醒スキルが残りました。

 

特に注目すべきはやはり2体攻撃ですね。

 

さすがはレアガチャ限定ということで、そこそこ強力である2体攻撃がアシストできます。

 

継承先としてやはり真っ先に思い浮かぶのはシェアトですね。

 

元々2体攻撃を5個持っており、この6個目が追加されることで元々ヤバい火力がさらに1.5倍になり、1500程度であった攻撃力はプラスを振って2体攻撃をすることで約2万3千となり、圧倒的な火力を出すことができます。

 

さすがにこの程度の火力となれば7コンボ強化2個持ちよりもかなり高いと言えるので、2体攻撃で攻撃するメリットもいささか出てくるかと思います。

 

火ダメージ軽減も、転生ミネルヴァパーティーなどで使い道があるかもしれません。

 

スキルも強力で、遅延と回復含む3色陣が弱いわけがありません。

 

総じてなかなか継承用に良いモンスターであるといえます。

 

スポンサード リンク
 

 

衛龍喚士・ラシオス

 

衛龍喚士・ラシオス

 

次に、進化前の衛龍喚士・ラシオスです。

 

光属性強化を2つ持ち、列パ寄りのモンスター。

 

しかしスキルが「3ターンの間、受けるダメージを軽減。左端縦1列を光に、右端縦1列を火ドロップに変化。」と、列パであるにも関わらず縦変換と、そこはちょっとよく分かりません。

 

ステータスはHP寄りのほどほどに高いステータス。

 

リーダースキルは「操作時間が4秒固定になるが、光火の同時攻撃で攻撃力が4倍。ドラゴンと体力タイプの攻撃力と回復力が2.5倍。」というもので、

 

ナルガクルガバルファルクと同様の操作時間4秒固定のリーダースキルですが、光と火を消すだけでドラゴンと体力タイプの攻撃力が10倍になる、4秒固定の中ではかなり使いやすいリーダースキルです。

 

ただ、4秒固定にしてまで攻撃倍率10倍を得たいかと言われると厳しいところでもあります。

 

HP倍率がないので、現状の高難度ダンジョンでは厳しいかもしれません。

 

剣壁の衛龍喚士・ラシオス

 

剣壁の衛龍喚士・ラシオス

 

次にアシスト進化後の剣壁の衛龍喚士・ラシオスを見てみましょう。

 

やはりステータスは下がってしまいますが、光属性強化2つと操作時間延長が残っています。

 

今現在列強化は厳しいところがありますが、操作時間延長はなかなかありがたいところがあるかもしれません。

 

スキルがさほど強力ではないので、ヴェルドに比べると有用性という点では少し劣るところもあります。

 

このモンスターに限っては、このガチャにしては珍しくあまり使い道がよくわからないモンスターだと感じました。

 

その他

 

今回驚いたのが、アシスト進化はてっきり武器などのモノになるとばかり思っていましたので、アシスト進化後でも普通に人の形を保っているのでそこは少し意外でした。

 

どのような形でアシストしているのか非常に気になるところです。

 

 

 

今回の内容は以上です。

 

このモンスター以外にも、こちらのページで龍契士&龍喚士ガチャに出てくる全てのモンスターの考察を行ったり、イベントの全体像などを詳しく解説しています。

www.supermisosiru.com

 

興味があればどうぞ!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!