みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

みそ汁の日常

【パズドラ】究極シェリアス、シェリアスルーツに対する考察・感想

究極シェリアス バナー

今回はシェリアスシェリアスルーツがついに究極進化を果たしたので、それについての考察や感想などをまとめていきたいと思います。

 

最近はフェス限の究極が妙に多く、その中で「シェリアスはまだか」という声が非常に強かったところでしたが、今回ようやく究極進化することができましたので、早速内容を見ていきましょう。

 

究極進化は2017年8月24日の18:00からです。

 

進化素材はこのようになっています。

究極シェリアス 進化素材

 

 

スポンサード リンク
 

 

究極シェリアス

 

まずは通常の星5のシェリアスから考察。

 

今回はシェリアスとシェリアスルーツどちらも分岐究極となっており、違う2種類のモンスターに究極進化します。

 

究極進化前の副属性を受け継ぐ個体と、それ以外の副属性がついた個体の2種類となっています。

 

まずは進化前シェリアスから副属性が闇に変化した個体から見ていきます。

 

溟剣の龍騎帝・シェリアス

 

溟剣の龍騎帝・シェリアス

溟剣の龍騎帝・シェリアスは、究極前の神タイプが攻撃タイプになり、スキルブースト、暗闇耐性2つ、さらにガードブレイクの覚醒スキルが追加されました。

 

ステータス面ではHPが100、攻撃が350上昇。

 

スキルは変化なしですが、リーダースキルが「4コンボ以上で攻撃力が上昇、最大3倍。水を5個以上つなげると攻撃力と回復力が2.5倍。」というリーダースキルになり、究極進化前の列と多色のリーダースキルから一転、コンボと列のリーダーになりました。

 

現状ははっきり言って多色パはコンボパに完全に負けており、今更多色であるシェリアス達が究極したところで何か環境が変わるのか、といったところでしたが、ここでまさかのリーダースキルをコンボに変えてくるというのはなかなか予想だにしなかったところであります。

 

しかし、最大攻撃倍率が7.5倍、回復力が2.5倍というのは現行のインフレが進んだ敵の火力を受けきることができず、HP倍率もしくは軽減がないと言うだけで現行のダンジョン攻略はかなり厳しいと言える印象を受けました。

 

最大火力倍率も高くないので、総じてあまり強力なリーダースキルとは言えません。

 

使うとすればサブでしょう。

 

しかしサブと言っても、今流行りのコンボ強化なども持っておらず、明確な使い道が見当たらないところです。

 

とはいえスキルブースト2つに、回復キラー悪魔キラーという独特な2つのキラー、なおかつガードブレイクを持っているので、どこかで役に立つかもしれませんのでとりあえず様子見といったところでしょうか。

 

浄翼の龍騎神・シェリアス

 

浄翼の龍騎神・シェリアス

次に副属性が、究極進化前と同じ光属性である浄翼の龍騎神・シェリアスについて見ていきます。

 

覚醒スキルに操作時間延長、バインド耐性、チームHP強化がつき、逆になぜか回復キラーが剥奪されてしまいました。

 

タイプとスキルは変わらず、ステータス面がHPが400、攻撃が100、回復が60上昇と、バランスのいい上昇値となりました。

 

リーダースキルは「2色同時攻撃で攻撃力が2倍、3色以上で3倍。水を5個以上つなげると攻撃力と回復力が2.5倍。」というように、こちらは究極進化前の多色ベースのリーダースキルを順当に強化したといったところです。

 

究極進化前と多色の倍率は変わりませんが、水を繋げた時に回復力が2.5倍になるという機能が追加され、火力面においても、最大倍率は変わらないものの7個ではなく5個で最大倍率が発動することになり、列が組みやすくなったなどもあり順当な上方修正ということができるでしょう。

 

しかし、先ほどのシェリアスと同様、現行の環境ではHP倍率もしくは軽減がないことは致命的であり、いくらバインド耐性を持っているといえどもなかなか強力なリーダーになれるとは到底思えません。

 

覚醒スキルの悪魔キラー以外はありふれたよくある覚醒なので、正直言ってどこで使えるといえるかはわからず、非常に難しいモンスターですね。

 

シェリアスについては以上となります。

 

性能はどうあれ、イラストが最高にかっこいいですね。

究極シェリアス

 

究極シェリアスルーツ

 

次に、お待ちかねのシェリアスルーツについてみていきます。

 

シェリアスルーツもシェリアスと同じように2体の分岐究極が実装され、副属性が火のものと通常通り闇のものが存在します。

 

まずは火のものから見ていきましょう。

 

輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツ

 

輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツ

輝石の龍帝王・シェリアス=ルーツは、悪魔タイプがバランスタイプに変更され、覚醒スキルにバインド耐性、チームHP強化が追加されました。

 

ステータス面ではHPが300、攻撃が50、回復が60と、これまたバランスの良い上昇になりました。

 

スキルは変わらず、リーダースキルが「ドラゴンとバランスタイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍。5色(4色+回復)同時攻撃で攻撃力が3倍、6色以上で5倍。」というリーダースキルになり、こちらは多色を順当に強化したと言えるリーダースキルになりました。

 

シェリアスとは違い最大火力倍率は15倍というなかなかすごい倍率ですが、案の定こちらにもHP倍率や軽減がなく、インフレした敵の火力を受けるのはなかなか厳しい状況です。

 

サブとしても、念願のバインド耐性がついたのは良いものの特にこれといって何かに特化して使えるといったものもなく、難しいところではないでしょうか。

 

ところで、ここで妙に気になったのがリーダースキルの表記ですね。

 

「6色以上で5倍」と書いており、現行の属性は6色で終わりなのでもしかしたらこれから新しい属性を追加していくのではないか、という予想をすることができますね。

 

お邪魔や毒、爆弾ドロップが対象になる、といったことかもしれません。

 

今後に期待しておきたい要素であります。

 

追記:誤表記だったようです。

 

誤:6色以上で5倍

正:6色で5倍

 

残念。

 

獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ

 

獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツ

次に、副属性が進化前の闇属性である獄翼の龍帝王・シェリアス=ルーツについて見ていきます。

 

覚醒スキルにスキルブースト、ガードブレイク、そしてドラゴンキラーが追加されました。

 

こちらの追加覚醒はなかなかなもので、スキルブーストが役に立つのはもちろん、あまり数がいないガードブレイク、そして単純に優秀なドラゴンキラーがついたと言うのは非常に良い結果ではないかと思います。

 

しいて言えば7コンボ強化が付かなかったのが残念ですね。

 

パラメータ面では攻撃力のみが300上昇という、非常にシンプルなものになっています。

 

ただ、攻撃が一番大事なのでそこは問題ないと思います。

 

そしてリーダースキルが「ドラゴンと悪魔タイプの攻撃力が3倍、回復力が1.5倍。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大5倍。」と、これまた多色を捨ててコンボパに走ったリーダーになりました。

 

最大火力倍率は15倍となかなかなものを持っていますが、やっぱりHPや軽減といったものがないのでリーダーとしては厳しいといった感じです。

 

シェリアスは4体ともリーダースキルは微妙という残念な結果になってしまいました。

 

しかしこのモンスターは4体の中で言えばドラゴンキラー、神キラー、ガードブレイクなどと優秀な覚醒が連なっているのに加えて6色陣スキルを持っているなどと、非常に使い勝手が良いモンスターです。

 

このモンスターに関してはいろいろなところで汎用性を活かして活躍できるモンスターであると言えると思います。

 

主にサブで輝くモンスターになるでしょう。

 

ふつくしい

究極シェリアスルーツ

 

まとめ

 

今回のモンスターに対する考察・感想は以上となります。

 

全体的に見ると、この前究極進化したサリアたちなどに比べて強さの上昇幅が少なく、多少残念な結果に終わってしまったところです。

 

やはり今は7コンボ強化が2つ付いているかどうか、といったところが非常に大きいポイントとなっており、いくらキラーがついていても7コンボ強化が1つもついていなければ局所的にしか使えないといったところもあります。

 

また、4体ともすべてHPに関する耐久倍率がないのがとても痛いですね。

 

今の強力リーダーといえるモンスターにはディアブロスミツネハンターヨグソトースカミムスビなどがいますが、そのどれもがHPに対して何らかの倍率がかかっています。

 

今強いパーティと言うには、HP倍率、軽減が必要不可欠なのです。

 

そこら辺がちょっと残念でした。

 

とはいえ長々と究極究極を待っていたモンスター達でしたので、ここで究極してほっと一息、といったところではないでしょうか。

 

今回の内容は以上です。