みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

みそ汁の日常

【パズドラ】現状使えるフェス限星6ランキング その3

スポンサード リンク

このページを先に見た方は、ぜひ【パズドラ】現状使えるフェス限星6ランキング その1 から見ることをお勧めします!

その2はこちら。 

 

SS

ヨグ=ソトース

S

イルム ネイ スクルド 闇メタ カミムスビ

A

青おでん 風神 アメノミナカヌシ

B

赤おでん カンナ エスカマリ シェアト フェンリル=ヴィズ グレモリー ダンタリオン パイモン 雷神

C

青ソニア 緑ソニア 闇カーリー ティフォン カエデ リューネ シルヴィ バルディン シェリアス=ルーツ アテン

 

 

ここまでSS~Bランクを見てきましたが、最後にCランクを見ていきましょう。

 

このランク帯のモンスターは継承などで使えるモンスターも多くありますが、それ単体で使うとなっていくとどうしても現在の環境では何かしら不便なところが出てしまう様なモンスターたちとなっています。

 

とはいえやはり星6フェス限、強力なモンスターであることには変わりないのであくまで星6フェス限ランクの中ではCランク、といったところです。

 

 

まずは青ソニアです。

 

青ソニアは水闇の2色陣を持った、それだけで継承用にとても使えるモンスターですが、究極進化の2つとも攻略と周回どちらをとっても微妙なモンスターで、単体で使うとなるとなかなか難しいところであると言えます。

 

元々の究極青ソニアの売りであったHPの高さも、今やアマツマガツチをはじめとする超高HPを持ったモンスターが増えたことでその立場が危うくなっています。

 

継承で使う分には強力なモンスターです。

 

 

次は緑ソニアです。

 

緑ソニアも青ソニアの木属性バージョンということで読み替えていただければ結構です。

 

継承では優秀ですが現状は難しいところであります。

 

 

次は闇カーリーです。

 

多色パに必須とまで言われてきた闇カーリーですが、ついにこのCランクとなってしまいました。

 

多色パがそもそも難しくなってしまったという現状や、星6フェス限の究極進化の中では異常にステータスが低いなどという様々な観点から現状ではかなり使いどころが難しくなってしまったモンスターです。

 

ラグナロク=ドラゴンという強力なライバルもあり、挽回するのは至難の技でしょう。

 

神タイプが付いているオールドロップチェンジ持ちと言うのが最大の利点でしたが、神タイプが有意義と言われるそもそもの理由のラードラ自体が難しくなってきたことでその立場が危うくなっています。

 

究極分岐で7コンボ強化を2つもらって、ステータスが1000を超えるなどすれば復帰も可能かもしれません。

 

 

次はティフォンです。

 

ティフォンは登場した時からそもそもあまり高い評価ではなく、同時期に登場したイルムなどと比べて「これで主人公wwwワロスwww」などとしばしばネタにされてきたとてもかわいそうなモンスターです。

 

現状リーダーとしてはかなり難しく、サブとして何とか悪魔キラーを生かして戦っていきたいところですが、やはり非常に使いづらい4色陣というところが足を引っ張り、サブとしてもそこまで使われているところは見ることはありません。

 

もともと究極もしており、さらにアナとも合体(意味深)してしまっているということでさらなる究極進化がなかなか難しいところであり、かなりCランクの中でも復帰が難しいモンスターであると感じます。

 

 

次はカエデです。

 

少し前に最強リーダーであったカエデですが、インフレとともにこのランクになってしまいました。

 

リーダーとしては確かに強力ではありますが、カエデより火力と安定感があるリーダーが多く現れ、現状カエデを使うメリットがあまりなくなってしまいました。

 

2体攻撃を3つ持っており高火力であるというのが最大の売りでしたが、やはり現在は7コンボ強化2つ持ちが主流なので火力的にもリーダー的にも微妙ということになってしまいました。

 

カエデに限らず2体攻撃持ちが軒並み厳しい状態なので、2体攻撃そのものを改善してもらえれば7コンボ強化2つ持ちにも勝てるチャンスがあるかと思います。

 

 

次はリューネです。

 

リューネも青ソニアと同様スキルは極めて強力ですが、単体で使うとなると特に強力なところが見当たらないモンスターの1体です。

 

2体攻撃を持っており、元々の攻撃ステータスもそこそこ高いことから確かに一世代前まではかなりの高火力を持っているといえましたが、現状はさらに高いステータスや7コンボ強化を持ったモンスターたちが大勢増え、水パでも入る余地がほとんどなくなってしまいました。

 

究極がまだなのでぜひ究極進化で化けてもらいたいモンスターの1体です。

 

 

次はシルヴィです。

 

シルヴィもリューネの木属性バージョンということで読み替えていただければ結構です。

 

スキル継承用としてはとても強いですが、様々な点でインフレ環境には対応しきれていないといったところです。

 

 

次はバルディンです。

 

バルディンは複数のキラーを持っているということが最大の売りであり、2つのキラーが刺されば9倍を出すことができるという、ピンポイントで使えばなかなか強力とも言えるモンスターです。

 

ですが実際は攻略ではダメージ無効や吸収に引っかかったり、周回においても意外にそこまで出番が多くないという、非常に微妙な立ち位置になっているモンスターです。

 

それゆえ星6フェス限のわりにはあまり見かけることがないちょっと不遇なモンスターとなっています。

 

ですが代えが効かないこともあり、例えばハヌマーン降臨のA完結編成を組む際にはこのバルディンもしくはサンデーの茂野吾郎でなければ組むことができず、そのような点で独自性を発揮することは十分可能なモンスターです。

 

 

次はシェリアス=ルーツです。

 

シェリアスルーツは出た当時はラードラとほぼ同じ性能、なおかつドラゴン対象でラグナロクドラゴンをサブに入れられるということで非常に期待されたモンスターですが、その後一切上方修正がなく、その当時の超究極進化していないラードラと比べられていたほどのシェリアスルーツなので、超究極進化後のラードラが太刀打ちできなくなった現在の環境で通用するわけもなく、リーダーとしてもサブとしても現状使い道がほとんどないモンスターとなってしまっています。

 

このモンスターも究極を控えているので、ぜひ究極して現状のラグナロクドラゴン程度のリーダーになればいいなとは考えています。

 

 

最後はアテンです。

 

アテンは5属性+回復+お邪魔ドロップ生成という陣スキル、それと9個の覚醒スキル全てがキラーであるというなんとも独自性が非常に高いモンスターになっています。

 

どこかで使い道がありそうという気もしますが、スキルブーストや封印耐性、操作時間延長といったいわゆる必ず持っていなければならないような必須覚醒スキルを1つも持っていないことがパーティーの足を引っ張り、なおかつ攻撃力が低いことでプラスを振っても7コンボ強化2つ持ちとほぼ同じぐらいの火力しか出ないということで現状はほぼ使い道がないモンスターです。

 

まあ若干ネタ的なモンスターという立ち位置ではあるので、究極でどうしてくるか非常に期待の持てるモンスターの1体です。

 

 

以上、長くなりましたが現状の星6フェス限モンスターの有用性、格付けランキングは以上となります。

 

かなり個人的なところが多いかとは思いますが、おおむね正しいと思います。

 

このランキングはそのまま今引くのにオススメなモンスターランキングともなっているので参考にどうぞ。

 

最近のゴッドフェスは半分ぐらいの割合でフェス限フェスという、いわゆる通常の神シリーズが一切対象にならずゴッドフェス限定モンスターが高確率でゲットできるというゴッドフェスなので、昔よりは星6フェス限モンスターをGETできる可能性は増えているのでこの機会に必要なモンスターを狙ってみてはいかがでしょうか。

 

今回の内容は以上です。見ていただいてありがとうございました!

 

 

 

 

おまけ

f:id:supermisosiru:20170722151432j:plain