パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】歪想の妖龍契士・クーリア、追跡の劾龍喚士・ニースの考察まとめ【今回の微妙枠】

今回は、「魔法石10個!龍契士&龍喚士ガチャ」で初登場となる、歪想の妖龍契士・クーリア追跡の劾龍喚士・ニースについての考察をしていきたいと思います。

 

クーリアは星5、ニースは星6でそれぞれガチャから出てきます。

 

この2体について、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

 

歪想の妖龍契士・クーリア

 

まずは歪想の妖龍契士・クーリアです。

 

非常に独特な、それでいてとてつもなく強力なモンスターが数多く出てくるこのレアガチャ。

 

元々ストーリーでエリートなどと評されていて、さぞかし強いのだろうなと誰もが思っていたこのクーリア

 

蓋を開けてみると・・・

歪想の妖龍契士・クーリア

 

意外と地味。

 

キラー3つ持ちの他の星5モンスターなどに比べても、特に特筆する点がなく、本当に同じガチャから排出されるのかと疑ってしまうほどの平凡な性能。

 

覚醒スキルも、7コンボ強化があるもののかなり平凡。

 

ステータスもかなり平凡。

 

スキルも、「2ターンの間、ドロップ操作時間を1秒延長。左端縦1列を水に、右端縦1列を闇ドロップに変化。」という、なんともどこで使うかよくわからないようなスキル。

 

そしてリーダースキルも、「闇水の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が4倍。ドロップ操作時間を3秒延長。」という、これまた76盤面でもなし、高火力でもなし、どうやって使えば良いのか全くわからない様なリーダースキルです。

 

全ての要素が微妙なモンスターであるとしか言いようがありません。

 

運営はどのようなお考えでこの様な性能にしたのでしょうか。

 

特徴がなさすぎて書くのにも困るほどです。

 

強いて言えば、闇アテナのサブとして有用かもしれません。

闇アテナ

悪魔タイプを持ち、スキルで水と闇ドロップを生成し、さらにコンボ強化。

 

そして何といっても封印耐性を2つ持っているので、まさに闇アテナに使えと言わんばかりの性能でしょう。

 

・・・そんなところですね。

 

スポンサード リンク
 

 

追跡の劾龍喚士・ニース

 

そして次は星6となる追跡の劾龍喚士・ニースです。

追跡の劾龍喚士・ニース

 

この追跡の劾龍喚士・ニースはパッと見て色々とツッコミたいところがあるのですが、まず真っ先に目に見えるのは「覚醒の少なさ」と「化け物じみたステータス」ですね。

 

覚醒スキルがめちゃくちゃ渋い代わりに、ステータスが全モンスター最強の1404と、かなりぶっ飛んだモンスターになっています。

 

特にHPのステータスは、あの圧倒的HPを持つアマツマガツチを上回るほど。

 

配分もよく、このHP量で攻撃力が2000以上もあるのはまさに化け物としか言いようがありません。

 

とにかく凄いステータスですが、その他の要素はと言いますと、覚醒スキルは先ほどのとおり非常にしょぼく、

 

スキルも「最大HPの50%分HPを回復、覚醒無効状態を5ターン回復。火ドロップを闇に、水ドロップを木に変化。」という、何とも言えないスキル。

 

そしてリーダースキルも「闇木の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が4倍。木か光か闇の5個十字消し1個につき攻撃力が2倍。」と、これまた微妙。

 

せめてダメージを半減であれば良かったのですが。

 

このリーダーではLFで組んだ時に覚醒が少なくなりすぎてしまうこともあり、現状の環境では少し厳しいところがあるかもしれません。

 

ステータスは確かにぶっ飛んでいますが、総じて微妙と言う印象を受けざるを得ないモンスターです。

 

ステータスでは確かに完全に負けてはいますが、アマツマガツチは優秀な覚醒、スキルを持っており、やはりアマツマガツチはすごいのだなと再認識いたしました。

 

リーダーとして扱うにはちょっと微妙すぎるので、おそらく最も輝けるのはカミムスビのアシストでしょう。

カミムスビ

 

アシストボーナスとしてHPが1000近くも上昇し、さらにスキルで優秀な追加効果に加えて闇と木を同時に生成するので、まさにカミムスビのアシストとしてはこれ以上ないものとなっています。

 

闘技場用の吸収無効などと相談してこのニースを継承してみたらいかがでしょうか。

 

まとめなど

 

今回の内容は以上となります。

 

なぜこの2体をまとめて記事にしたかといいますと、この2体がなんとも言えぬ微妙さを醸し出していたからです。

 

前述の様に、このレアガチャはとんでもなく強力な能力を持ったモンスターが数多く出ているので、逆にこのような微妙なモンスターの方が少なく、そこが今回少し驚いたところです。

 

このガチャは引いておいた方が良いガチャだと久しぶりに思えるレアガチャです。

 

 

 

このモンスター以外にも、こちらのページで龍契士&龍喚士ガチャに出てくる全てのモンスターの考察を行ったり、イベントの全体像などを詳しく解説しています。

 

興味があればどうぞ!

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!