パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】超極限マシンラッシュに行ってきた感想など

今回は今日から始まった超極限マシンラッシュ!機世界壊滅級に行ってきたので、それについてまとめてみたいと思います。

 

完全初見プレイで行ってきたので、初見の感想も交えて話せれば良いなと考えております。

 

まずパーティーの紹介です。こんなパーティーで挑んできました!

f:id:supermisosiru:20170630102712p:plain

おそらくセラフィスからのオルファリオンが来ると思っていたので、両方のチームに根性対策の追い討ちを搭載して対策。

 

後は7コンボ強化持ちとマシンキラーで固め、軽減等を交えつつ安定した戦いができればなという思いでこの編成を組みました。

 

ちなみにたくあんというのは私のサブ垢ですwww

 

今の時代サブ垢があるととても便利なのでぜひ作っておくことをお勧めいたします。

 

家にwi-fi環境があれば安い中古屋で売っている携帯端末を買えばすぐにサブ垢を作ることができるので、意外と安価にサブ垢は作ることができますので作ってみてはいかがでしょうか。

 

さてまず1階はデウスエクスマキナです。まあ予想通りと行った所でしょうか。

f:id:supermisosiru:20170630102814p:plain

先制で50%軽減を張ってきますが、キラーと7コンボ強化でなんとか倒すことができました。

 

少し手間取ってしまいました。

 

 

次はコスモクルセイダーです。

f:id:supermisosiru:20170630102855p:plain

こちらも先制はドロップ1色を水ドロップに変化という優しいものなので、攻撃力があればワンパンも可能という風になっております。

 

 

そして次の3階ですが、ゴッドカノープスが出てきました。

f:id:supermisosiru:20170630102940p:plain

このゴッドカノープスは最近流行りの裏仕様になっておりまして、先制でいつも通りのマイティを貼った後に究極青ソニアのように全ドロップをロックしてきます。

 

盤面が良かったのでそのままワンパンして倒せましたが、体力が減っていてなおかつ回復ドロップがない場合は少々厳しいところもあるかもしれませんので、安定を目指すのであればロック解除スキルを持っておくことをお勧めします。

 

後で何回か行って確認致しましたが、ここの階は3択となっており、ゴッドカノープス、デモンハダル、超絶キングメタドラからの3通りのいずれかが登場します。

 

ゴッドカノープスはマイティ+全ドロップロック、デモンハダルはマイティ+4ターンの間回復力半減、絶メタはいつも通りです。いくらか防御力が上昇している気がします。

 

この中でいうと当たりは絶メタでしょう。

 

特にデモンハダルに遭遇してそのままワンパンした場合は、これ以降の近階層が厳しくなる恐れがあるので注意しましょう。

 

 

4階はリバティーガイストです。

f:id:supermisosiru:20170630103018p:plain

リバティーガイストは先制で5コンボ以下吸収と火と木ドロップをロックしてきます。

 

水属性主体のパーティーでいけばワンパンも容易であると思うので、厄介な行動をされる前にワンパンしておきたいところであります。

 

初手で削りすぎると3ターンの間50万以上の攻撃を無効化されるなど、なかなか厄介な行動を取られてしまうので最初のターンはあまり全力では攻撃せずに安定的に突破するのも一つの手かもしれません。

 

一番厄介なのが初手で15%以下に削った状態で50万以上無効を使われた場合です。

 

この場合は攻撃しても15%以上に吸収させることも難しく、なおかつ削り切ることも非常に難しいため、軽減などがなければ実質上の詰みとなってしまう可能性があるので、削る時は削る、削らない時はしっかり耐久、と言う立ち回りが要求される敵であると考えます。

 

 

次の5階はスタージャスティスです。

f:id:supermisosiru:20170630103135p:plain

先制で4ターンの遅延を行ってくるなかなか厄介な敵です。

 

なおかつ根性持ちと正義の欠片もクソもありません。

 

ここは私の場合は激減+陣があったので、激減を張った状態でワンパンして根性を発動させて発狂させたのを耐えた後に1コンボで倒すという立ち回りを取りました。

 

ヨグソトースのように超大火力があるのであれば普通に追い打ちで突破することも出来ますし、耐久してちまちまと削る場合は発狂ゾーンに入らないように気をつけて少しずつ削ることで倒すことができます。

 

マルチの場合など、回復力がHPに伴っていない場合は99%ダメージに気をつけましょう。

 

 

これを突破すると6階です。

 

6階はセラフィスですが、まず入った瞬間の感想として、「あれ、ボスと表示されないな」と思いました。

f:id:supermisosiru:20170630103219p:plain

ラストがオルファリオンの場合はこのセラフィスが進化してそのまま第7層という流れであるので、少しこの時点で違和感を感じました。

 

ちなみに「違和感を感じる」というのは二重表現であり、正しくは違和感がある、という風に表現するのが正しいです。どうでもいいですね

 

このセラフィスは体力がおそらく高くはなっているものの攻撃力はそれほど高くはないので、激減を張って無理やり突破してもいいし、少しずつ削って安定的に倒すのも良いでしょう。

 

こちらは発狂させなければそれほど厳しい相手というわけではありません。

 

 

このモンスターを倒してさあボスは誰だということでボスに入ってみると、ボスはまさかのデモニアスでした。

 

てっきりオルファリオンかと思っていたので少し唖然としました。

 

こちらもセラフィスと同様に根性を持っており、X型に爆弾ドロップを生成しさらにそれをロック、さらに1ターンの間ロックを確定で降らせてきます。

 

しかし階層の順から、前階のセラフィスで元々ランダムにロックドロップを降らせるスキルを発動させられているので、デモニアスの発動させる1ターンの間ロックを確定で降らせてくるスキルはおそらく不発となり、通常攻撃をしてきたかと思います。

 

デモニアスも基本的にはセラフィス同様の戦い方で問題はなく、一気に削って根性を発動させるか若しくは少しずつ耐久で倒すのが良いと思います。

 

違いとしてはセラフィスは根性を発動させると発狂大ダメージと少しHPを回復するという効果ですが、このデモニアスの場合は体力が半分までは回復しますが999ターンの間攻撃力を2倍にするという効果のみで、即座に発狂攻撃を打ってこないのが特徴です。

f:id:supermisosiru:20170630103505p:plain

ゆえにこのデモニアスの場合はまずエンハンスを使って全力で殴り、根性を発動させて体力を半分回復させた状態で何かしらのブレスを打ち、そこからワンパンという流れも取れるので、なかなかいろいろな倒し方があって面白い敵だとは思います。

 

今回はまず根性ラインまで持っていき、HPを半分まで回復させた後にエンハンスで追い打ちも含めてワンパンという倒し方で倒しました。

f:id:supermisosiru:20170630103406p:plain

 

 

ということで今回は無事ノーコンすることができました。

f:id:supermisosiru:20170630103625p:plain

クリアしてみるとなかなか経験値が旨いですね。

 

デビルラッシュより相当経験値が高く、これを安定周回することができればかなり旨いダンジョンとなるのではないでしょうか。

 

まぁしばらく先にはなると思いますが期待したいところです。

 

そうですね~ボスのデモニアスがドロップしなかったのは正直残念なところではありましたが、このダンジョンの一番のミソはゴッドカノープスとデモンハダルが進化後でドロップすることでしょう。

 

これで各機械龍の周回の手間を省くことができ、この点では結構旨いものとなってますね。

 

しかしそれ以外のマシンシリーズは通常通り進化前ドロップで、そこはちょっとケチだなと感じました。

 

 

下の超絶地獄級も攻略しておきました。

 

絶メタが出ました。

f:id:supermisosiru:20170630103727p:plain

おそらく防御力は通常よりも多少は高くなっていると思いますが、問題なく倒すことができました。

 

階層が1階層少なくなり、ボスは壊滅級6階のセラフィスということになっています。

f:id:supermisosiru:20170630103803p:plain

おそらく壊滅級に比べ体力も火力も下がっているので、問題なく倒すことが出来ました。

f:id:supermisosiru:20170630103840p:plain

 

初回の石も頂きました!

f:id:supermisosiru:20170630103918p:plain

難易度は丁度良いところではないかなと思います。

 

オルファリオンが来るかと思い、1億もの体力を追い討ちをかけてなおかつワンパンするという事を考えていたのでそれよりは少し楽で良かったと思います。

 

 

今回の感想としては以上となります。

 

ありがとうございました!