パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】ランキングダンジョン「龍契士&龍喚士杯」攻略・感想まとめ

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 バナー

今回は、ランキングダンジョン龍契士&龍喚士杯」に挑んできたので、それについての感想や簡単な攻略情報などをまとめていきたいと思います。

 

 

龍契士&龍喚士杯 基本情報

 

報酬はこのようになっており、今回は3%王冠をゲットすることができます。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 報酬区分

 

王冠を狙う人口が減ってきたのが最大の要因とは思いますが、確かに最近のランキングダンジョンは1%に入るのが体感でもかなり難しく感じられてきたので、これからは3%がスタンダードになってくるのかもしれません。

 

最近創装の宝玉などの貴重なモンスターが追加されたことによって、今回からランキングダンジョンでも創装の宝玉ドットリットが景品として追加されることとなりました。

 

さらに10%以上に入れば、現状は裏闘技場でしか取ることができない貴重なニジピィをゲットすることができるので、今回の報酬は歴代の報酬に比べてもかなりおいしいものとなっています。

 

10%と20%の差が大きいので、3%は取れないと考える方もなんとか10%以内には入っておきたいところです。

 

開催は10月2日から10月9日の8日間となっています。

 

以前までとは違い、このランキングダンジョン「龍契士&龍喚士杯」、日曜日で終わりではなくなぜか月曜日までで1日開催期間が多いもよう。

 

ラストスパートは月曜になるので、そこだけは注意しておきましょう。

 

大抵ラストスパートでかなりボーダーが上昇します。

 

スポンサード リンク
 

 

パーティーは闇イデアルパ

 

今回は固定杯となっており、こちらのパーティーで全員挑戦することになります。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 闇イデアルパーティー

光イデアルを究極進化させた闇イデアルがリーダーのパーティーになっています。

 

闇イデアルのリーダースキルは典型的なコンボパで、盤面内でひたすら最大コンボを組んで行きましょう。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 闇イデアル

 

チームのサブに濃姫ウラノスのような7コンボ強化複数持ちがいることからも、7コンボ以上のコンボはどの階層でも必須になってくるでしょう。

 

そういったことを踏まえ、早速挑戦です。

 

なお、複数回に分けてスクリーンショットを取ってきたため、必ずしも時系列順ではありませんのでご了承ください。

 

龍契士&龍喚士杯に実際に挑む

 

1階はこちらの3体となっており、

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 1階

 

この段階でドラゴンフォレストがベースのダンジョンであることがわかります。

 

ちなみに、ドラゴンフォレストに挑んだ記事はこちらです。

www.supermisosiru.com

 

 

並びはこの並びでおそらく確定のようで、毎回同じ並びで同じモンスターが出てきます。

 

この階ではランダムで毒ドロップを3個生成してきます。

 

濃姫が毒耐性を1つ持っているので、5回に1回は毒を弾くことができます。

 

毒を生成された瞬間パズルを開始しなければならないので、最初のパズルはなかなか緊張が走ります。

 

あるいは、ゼローグ∞を使って闇ドロップを3ターンの間降らせやすくし、その演出中にルートを決めておくという方法も良いかもしれません。

 

基本的に盤面最大を組んで突破します。

 

 

2階も必ずこの並びになっており、

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 2階

 

ランダムで3個のドロップをロックしてきます。

 

あまり変換をしないダンジョンなので、そこまで怖くはありません。

 

2階もすばやく盤面最大を組んで突破します。

 

・・・というか全階層そうするので、これからは省略します。

 

 

3階はやはり煩忙の灯龍喚士・マイネです。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 3階 マイネ

 

通常のダンジョンと同じく1ターンの間75%カットを行ってくるので、かなりの高火力が必要。

 

体感では闇の1コンボでは足りず、2コンボあれば盤面最大を組んでなんとか突破できるという印象でした。

 

闇が1コンボしか組めない場合は、安全に行くのであればスキルを使って闇ドロップを生成し、ハイスコアを狙うのであればそのままコンボして闇の落ちコンを待ちましょう。

 

 

4階も必ずこの並び。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 4階

 

先制でランダムで1体を1ターンの間バインドしてきますが、リーダーとフレンドの闇イデアル、そしてサブのシャドウドラゴンナイトは完全バインド耐性を持っているので怖くなく、サブの3体についてもどれがバインドされても基本的にただパズルを組むだけです。

 

 

ボス前の5階はこんなかんじ。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 5階

 

このダンジョンで唯一、先制行動がありません

 

ゆえに、階に入った瞬間にパズルを始められるように前もって準備しておきましょう。

 

 

そしてボスは予想通り熱狂の雷虎龍・バリドゥーラです。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 6階 ボス バリドゥーラ

 

通常と同じく、マイティと5コンボ以下吸収を行ってきます。

 

そもそも5コンボ以下では絶対に倒せないので、先制行動に意味はありません。

 

通常のダンジョンの個体よりもはるかにHPが高く設定されており、闇の1コンボでは正直かなり厳しいところ。

 

マイネのように、闇の2コンボあれば安定して倒せるという印象を受けました。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 撃破



・・・ということで初クリア。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 初クリア

 

ドロップモンスターはやはり既存のダンジョンと同じようで、

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 ドロップ

 

運が良ければこのように3階でマイネをドロップさせることができます。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 ドロップ

 

また、宝箱のドロップは相当時間がかかります。

 

恐らく、1位を狙う人はマイネが卵でドロップするチャンスを待たなければならないので、そう考えると1位狙いの労力はかなりゾッとするところです。

 

撮影も行いながらですが、初スコアはこのようになっています。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 スコア

ちょっと低かったですね。

 

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 順位

38.3%。

 

毎回、固定杯は苦手です。

 

それから何回かやって、午前1時の段階では2%ぐらいに落ち着きました。

ランキングダンジョン 龍契士&龍喚士杯 順位

 

この程度では王冠から振り落とされるのは間違いないと思いますので、期間中にもう少しやっておこうかなとは思います。

 

初日の午前中なので一時的にここから少し上がりますが、そこからじわじわと下がっていくのがお約束。

 

また、今回は階層が6階層と少なめなので、タイムよりコンボ数を重視していきましょう。

 

落ちコンによる加点が凄いので、どんなに完璧なパズルを行っても落ちコンが一切なければ厳しいです。

 

そういった点では運要素も強いダンジョンであるとも言えるでしょう。

 

最大ダメージは勝手に振り切るので、特に問題はないかと。

 

まとめ

 

私自身そこまでパズルはうまい方ではありませんが、これまで狙えるものは狙って行くといったスタンスを採ってきました。

 

今回はちょっとイケそうな気もするので、頑張って少し狙っていきたいと思います。

 

今回、ランキングダンジョン龍契士&龍喚士杯」に挑んできた感想やちょっとした攻略は以上となります。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました!