みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

みそ汁の日常

【パズドラ】西洋神(第3弾)シリーズ実装に対する考察・感想まとめ【7コン3個はヤバいって】

西洋の神(第3弾)シリーズ

今回は、たった今突然発表された西洋の神(第3弾)シリーズの5体が発表されたことについての考察・感想をまとめていきたいと思います。

 

ルシャナ降臨をやっていた最中に急に発表があったので色々大変でしたが、何とか書き上げたのでどうぞご覧になっていただけたらと思います。

 

最近の新モンスターはフェス限モンスターばかりだったので、通常神シリーズのモンスターは久しぶりです。

 

 

5体の共通点

 

まずは5体の共通点から説明していきます。

 

この5体はどれも最初から覚醒進化が実装されている、少し前の戦国姫シリーズの様なタイプのモンスター達で、進化してもリーダースキルには変化がありませんが、進化前と進化後でスキルに違いがあります

 

進化前のスキルは1ターンの間属性吸収を無効化する効果に4色陣がついてスキルターンが15ターン

 

そして進化後は1ターンの間落ちコンしなくなる効果に4色陣がついてスキルターンが7ターンというスキルになっています。

 

進化前、進化後どちらとも優秀な効果ですが、特に進化前の属性吸収を無効化するスキルは今までコラボモンスターなどの一部のモンスターしか所持しておらず、非常に入手難度が高いモンスターたちが多かったので、

 

これで通常ガチャ限にこのモンスターたちが追加されたことによって一気に属性吸収無効スキルは入手しやすくなったと言えるでしょう。

 

これはユーザーにとっては嬉しい情報です。

 

進化後の「1ターンの間、落ちコンしなくなる。」スキルも、単純ながら敵の吸収や無効などに対して安定的に立ち回ることができる優秀な効果です。

 

リーダースキルは5体とも自分の主属性と副属性を持っているモンスターの攻撃力が4倍になり、特定の3色を消すとダメージを軽減、攻撃力が3倍になるというリーダースキルです。

 

この指定された3色と言うのは四神の指定色とも一致しており、例えば火のヘスティアであればレイランと同じ火・木・光の3色になっています。

 

唯一スキルが3色陣ではないサクヤがいる光属性のアストレアのみはオリジナルで火・水・光の3色になっています。

 

全体に共通した事項はこんなところです。

 

次からは個別に一つ一つのモンスターを見ていきましょう。

 

スポンサード リンク
 

 

ヘスティア・覚醒ヘスティア

 

まずはヘスティアです。

 

ヘスティアの進化前、覚醒進化後の性能はこちらのようになっており、

ヘスティア

覚醒ヘスティア

完全バインド耐性追い打ち、そして回復ドロップ強化3つが特徴的です。

 

特にずば抜けて強力な覚醒というわけではありませんが、覚醒9個が全て埋まっておりその全てがどれも汎用性のある覚醒スキルなので、火属性の様々なパーティーに普遍的に入ることができるでしょう。

 

要所要所で使い道があると私は思います。

 

テテュス・覚醒テテュス

 

次に水属性のテテュスです。

 

テテュスはこの通り、

テテュス

覚醒テテュス

2体攻撃に特化した覚醒スキルを持ち、なんと4つも搭載しているという、水属性であるということもあって非常にシェアトと似たような感じのモンスターになっています。

 

時代は7コンボ強化なので多少流行に乗り遅れている感はありますが、このモンスターの最大の売りはイラストです。

 

テテュス ミニヘラ

 

 

非常に癒されるいいイラストですね。

 

個人的イラストコンテストではこの5体の中では圧倒的に優勝です。

 

アストレア・覚醒アストレア

 

木のクロノスは後で紹介したいので、まずは光のアストレアを紹介します。

 

アストレアの性能はこの様になっており、

アストレア

覚醒アストレア

光属性強化をふんだんに積んだ覚醒になっています。

 

現状、光属性で周回を行うことはあまりなく、はっきり言ってどこで使うのか明確には見えてこないところがあります。

 

いつか何らかの形で輝いてくれるのを期待しておきたいと思います。

 

クロノス・覚醒クロノス

 

そして今回の目玉の1つであるクロノスです。

 

クロノスの性能はこのようになっており、

クロノス

覚醒クロノス

なんと前代未聞の7コンボ強化3つ持ちというとんでもない性能になっています。

 

前の3体ははっきり言って普遍的な性能を持つモンスターたちですが、はっきり言ってこのクロノスは次元が違います

 

7コンボ強化を3つ持っているにもかかわらず攻撃力が1700ほどあると言うことで圧倒的高火力を出すことができ、それだけで大変強力なモンスターです。

 

他の覚醒スキルも基本的な覚醒スキルが詰まっており、さらに暗闇耐性も最近のコンボパーティーにはかなりお勧めできるいい覚醒です。

 

スキルターンも7ターンと継承がしやすく、これはいきなり化け物モンスターが出てきたなと言う感想です。

 

こんなインフレして大丈夫か?と運営をちょっと心配してしまうほどの性能でした。

 

ウラノス・覚醒ウラノス

 

そして最後に闇属性のウラノスです。

ウラノス

覚醒ウラノス

ウラノスも木属性のクロノスと同様に、7コンボ強化を3つ持っています。

 

同じ様にとんでもない化け物なので、これも是非所持しておきたいモンスターです。

 

まとめ

 

以上、今回追加された西洋の神(第3弾)シリーズ5体に対する私なりの感想・考察でした。

 

いきなり7コンボ強化3つ持ちが出て少々困惑している今日この頃ですが、期待がある一方で少々不安もあります。

 

このようにモンスターがどんどん強くなっていくことによって、ダンジョンでの敵の数値などもそれに対応していってどんどんインフレが今以上に進んでしまわないかどうかが非常に心配です。

 

7コンボ強化3つ持ちは既存の7コンボ強化2つ持ちとはかけ離れた凄まじい火力が出せるので、これがデフォルトの性能になってくるとすれば必然的に環境をインフレさせるしかありません。

 

今回のはちょっと実装スピードが早すぎるのではないかなと個人的にはちょっと心配でした。

 

どうでも良いですが今回は珍しく男キャラクターの方が性能が凄まじく、女キャラクターの方は性能は控え目と言う図式で、そこは結構驚きました。

 

大抵の場合は女キャラが強くなっているので、パズドラは硬派といったところでしょうか。

 

時間的に記事を書くのが結構大変でしたが、なんとか書き上げました。

 

今回の内容は以上となります。ありがとうございました!