パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】傷の男(スカー)とリン・ヤオの考察まとめ【最強ブレスと無効化エンハンス】

鋼の錬金術師コラボ

今回は、「鋼の錬金術師コラボガチャ」で登場する傷の男(スカー)とリン・ヤオについて考察していきたいと思います。

 

両者ともに、原作では強キャラとして様々な敵をなぎ倒していった人気キャラクター。

 

パズドラでは惜しくも最高レアリティの星6ではありませんが、そのどちらもなかなか優秀な性能を持っていますので、今回はそれについて詳しく考察していきます。

 

まずは傷の男(スカー)から見ていきましょう。

 

スポンサード リンク
 

 

 

傷の男(スカー) 性能

 

まず、全体的な性能はこちらになっており、

傷の男(スカー)

 

何と言ってもそのスキルが非常に強力です。

 

1ターンの間、敵の防御力が0になる。敵全体にチームの闇属性の総攻撃力×50倍の闇属性攻撃。」ということで、

 

パーティーの闇属性の攻撃力次第では今までのブレススキルを軽く凌駕するほどの圧倒的大ダメージを出すことのできる素晴らしいスキル。

 

スキルターンは24ターンアホみたいに重いですが、マルチで片方にウェルドールを大量に積んでもらえばスキルターンは何の問題にもなりません。

 

ミストルティンケルベロスライダーなどの闇属性のマルチブースト持ちをパーティー内に大量に敷き詰めることで、100万越えの、今までにはない圧倒的な高火力ブレスを打つことができるので、防御力0とも相まって今後の周回においてかなり優秀なブレスモンスターになるでしょう。

 

これは少なくとも1体、余裕のある方や周回を本気で行おうと思う方は5体ほど引いておくのが必須級の周回特化モンスターです。

 

このスキルだけで大いに需要があると明確にいえるモンスターです。

 

 

スキルについてはそんなところで、他の要素については、

 

覚醒スキルにスキルチャージが付いています。

 

5属性消すと1ターンに2ターン溜めることができる覚醒スキルですが、前述の通りこの傷の男(スカー)はあまり通常攻略で使うようなモンスターではないので、あまり重要度は高くないかとは思います。

 

 

リーダースキルも現環境ではあまり強くはありません。

 

完全に周回特化のモンスターですね。

 

ブリーチのグリムジョー、ドラゴンボールの17号を持っていない方にとっては当に救世主となるモンスターといえるでしょう。

 

傷の男(スカー)については以上になります。

 

リン・ヤオ 性能

 

全体的な画面写真はこのようになっており、

リン・ヤオ

 

こちらも傷の男(スカー)と同様に、そのスキルが強力。

 

1ターンの間、受けるダメージを無効化。1ターンの間、木と闇属性の攻撃力が2倍。」という効果で、

 

ラファエルガネーシャなどの完全無効化スキルに加え、2倍のエンハンスという攻撃的な面も兼ね備えた、攻守ともに優れたスキルになっています。

 

確かに現環境では2倍程度のエンハンスではさほど強力なスキルとは言い難いものですが、このスキルの強みは、これ1枚で無効化と火力増強を同時に行えるということであり、とても鬼気迫った状況では非常に強力なスキルになり得ます。

 

 

そして、覚醒スキルには木ドロップ強化5個、スキルブースト、悪魔キラーとあり、サブ性能もなかなか優秀。

 

 

リーダースキルも、星5のモンスターとしては、最大倍率7.5倍軽減まで付いているかなり強めの効果になっています。

 

始めたばかりの方のリセマラにもお勧めできるくらいの性能は持っています。

 

 

バランスタイプというタイプも、全てのキラーを付けることができて優秀。

 

ミトシャゼルのように約30倍悪魔キラーとはいかないものの、このリン・ヤオも潜在悪魔キラーを3つ振れば悪魔タイプに対して約10倍の火力を出すことが可能になっています。

 

まとめ

 

傷の男(スカー)リン・ヤオについての考察は以上になります。

 

ガチャの中では最低レアリティの星5ではあるものの、優秀なスキルで存在感を放つ2者。

 

両者とも、とりあえず1体出るまでは最低限引いておいた方が良いかとは思います。

 

この鋼の錬金術師コラボガチャはこの他にも星5で優秀なモンスターが数多く存在するので、少なくとも5000円1セットぐらいは引いておく価値のある優秀なコラボかなと思いました。

 

 

こちらの記事で、鋼の錬金術師コラボ全体の考察を行っています。もしよければどうぞ!

www.supermisosiru.com

 

 

今回の内容は以上です。ありがとうございました!