パズドラ攻略ブログ@みそ汁の日常

主にパズドラの感想や日常のことを書いてます。ほぼパズドラ

パズドラ攻略 みそ汁の日常

【パズドラ】ユウナとぎん千代を徹底比較してみた【どっちが強い】

今回は、度々議論になっている「覚悟の召喚士・ユウナ」と「覚醒立花ぎん千代」どっちが強いのかを徹底比較していこうと思います。

f:id:supermisosiru:20170730113341p:plain

このモンスターたちは主属性が光副属性が水、なおかつ7コンボ強化を2つ持っているなどと非常に合致点が多いです。

 

パズドラーの中でもどっちが良いのかという論争が絶え間なく起こっていますので、今回は私的にどのように違うのか、どのように使っていけば良いのかと言ったこともふまえて説明していこうと思います。

 

 

ステータス

 

まずステータスから見ていきましょう。

f:id:supermisosiru:20170730113958p:plain

ステータスのプラス換算値は実はユウナの方が200以上高く、回復の差が圧倒的です。

 

ぎん千代は回復力が0に等しいのに対してユウナは900近くと、ユウナは回復力が非常に高い点で有利であると言えます。

 

ですが一方ユウナはHPと攻撃においてぎん千代に少しずつ負けています。

 

特に7コンボ強化2個持ちは、200の攻撃力の違いが最終的に800の違いになるので、攻撃力で高いぎん千代は火力面ではユウナよりかなり優秀と言えます。

 

回復寄りのユウナ、火力寄りのぎん千代といったところです。

 

この違いがどう影響するかと言いますと、先程のように単純火力ではぎん千代の方が高くなり、低い回復力を差し引いてもステータス的に使いやすく、汎用性があるといった点に関してはユウナより上だと言えますが、一方ユウナはその高い回復力を活かし、なおかつ回復タイプという点でたとえば現在強力なリーダーである転生クシナダパーティーで活躍することができます。

 

転生クシナダパはリーダースキルの耐久倍率がHP倍率のみで回復力に倍率がかからないので、このユウナのように元々の回復が高いモンスターは非常に重宝されます。

 

このユウナのステータスはまさに転生クシナダに丁度ピッタリといったところです。

 

これまでのハクの立ち位置がユウナに代わる感じですね。

 

覚醒スキル

 

次に覚醒スキルを見ていきましょう。

f:id:supermisosiru:20170730114004p:plain

ユウナは特徴的な操作時間延長4つに封印耐性2個、スキルブースト、そして今回追加された7コンボ強化2つという覚醒になっています。

 

一方ぎん千代は7コンボ強化2つに操作時間延長2つ、封印耐性、スキルブースト2つ、暗闇耐性、お邪魔耐性というようになっています。

 

覚醒スキルのみ見ればユウナは指が長い分人を選ばず、ぎん千代は操作時間が2個あるものの若干玄人向けと言った所でしょうか。

 

指2個の差はかなり大きく、操作時間が1秒違うということですのでパズル力があまりない方にとってはここが大きな差となってきます。

 

このモンスターたちは複数体積むことも十分想定できるので、2体ずつ組んだ場合に操作時間が2秒違うというのはかなり大きな差であると感じます。

 

一方ぎん千代の持つ妨害耐性は、最初はただ1つ持っている程度でどうにかなるもんじゃないと考えていましたが、実際使ってみると意外に様々なところでお邪魔や暗闇を弾いてくれて、意外と役に立つのでこれもなかなか侮れません。

 

ぎん千代を2体3体4体と積めばかなりの高確率で妨害耐性が働いてくれます。

 

スキル

 

次にスキルを見ていきましょう。

f:id:supermisosiru:20170730114012p:plain

まずユウナは「2ターンの間受けるダメージが半減。自分以外の味方スキルが1ターン溜まる。」というスキルでスキルターンが9ターン、

 

ぎん千代は「1ターンの間受けるダメージを激減。全ドロップを火、水、木、光、回復ドロップに変化。」というスキルでスキルターンが10ターンということになっています。

 

かなり似ているこの2体でここが最も違うところで、スキルで言えばかなりぎん千代の方が強いと言えるでしょう。

 

やはり使ってみると分かりますが、激減+陣というのは非常に強力で、陣で敵を倒す準備を整えながら激減を行えるので発狂が強い敵などに対して強気に出れるという点でとても強力なスキルです。

 

私自身も、このスキルを打って攻撃し微妙に倒しきれずに発狂をされたときに激減効果のおかげで耐えることができたという場面は数多くありました。

 

非常に強力なスキルです。

 

一方ユウナのスキルは2ターンの間ダメージ半減と1ターンヘイストするのみで、あまり強力なスキルとは言えません。

 

とはいえ転生クシナダパなどにおいては継承されたスキルを使うことが多く、ぎん千代と比べ1ターン短いので継承しやすいと言えるのはユウナのスキルの方です。

 

ユウナはこのスキルを使おうとはあまり考えずに、継承した強力なスキルを使っていく方針になるでしょう。

 

リーダースキル

 

このモンスターたちはサブで使うことがほとんどですが、一応リーダースキルも見ていきましょう。

f:id:supermisosiru:20170730114017p:plain

まずユウナのリーダースキルは、「4色(3色+回復)以上同時攻撃で攻撃力が4倍。5コンボ以上で攻撃力が上昇、最大4倍。」というものです。

 

このリーダースキルはこの前上方修正がなされ、4色10コンボ決めれば最大倍率16倍、LF合わせて256倍出るということで、かなり強力なリーダーです。

 

とは言え、10コンボで256倍ならば同じ10コンボで900倍転生アヌビスの方が良いのではないかという声も多く見られ、さらに回復倍率もないことからリーダーで使うのであればアヌビスの方が適正と一般的には言えるでしょう。

 

しかしリーダーをユウナにした場合、アヌビスと違って7コンボ強化をリーダー自身が2つ持っているため、パーティー全体の火力を底上げすることになるのでそういった点も考慮すれば一概にアヌビスより劣っているとは言えません。

 

そしてぎん千代ですが、「【7×6】盤面になる。火水木光の同時攻撃でダメージを軽減、攻撃力が5倍。」というリーダースキルです。

 

このぎん千代が登場した当初は非常に高倍率な76盤面リーダーとして使えていましたが、現状はお察しの通りディアブロスというバケモノが登場したことによって、ごくまれにイルミナなどが使われる意外は76盤面リーダーといえばもはやディアブロスの独壇場になってしまったことから、あまりこのモンスターをリーダーとして使うことがなくなってしまいました。

 

ゆえに、リーダーとしては総合的に考えてユウナの方が優秀であると感じます。

 

タイプ

 

また、この2体のモンスターのタイプが、ユウナは回復攻撃タイプ、ぎん千代が体力攻撃タイプということで攻撃タイプは双方同じですが、回復タイプと体力タイプという点で大きな違いがあります。

 

このタイプの違いで最も差が出るのがやはり潜在キラーです。

 

回復タイプを持っているユウナはドラゴンキラー攻撃キラーがつけられ、体力タイプを持っているぎん千代はマシンキラー回復キラーをつけることができます。

 

この違いにより、潜入するダンジョンによってはどちらか一方のみが有利になるといった可能性も生じ得ることになります。

 

例えば闘技場3を周回するとなった場合は、マシンタイプのモンスターがほとんど出ず、一方ドラゴンキラーが刺さるドラゴンタイプは数多く登場するので、ドラゴンキラーを付けられるユウナの方が一枚上手であると考えることができます。

 

一方、最近流行りのマシンタイプの難易度の高いダンジョンなどではマシンキラーをつけられ、さらに激減のあるぎん千代の方が適正があると言えます。

 

マシンタイプのモンスターはスタージャスティスのように激減を張れば耐えられるが張らなければ耐えられない発狂持ちというモンスターが多いので、スキルで激減を張りながら突破することのできるぎん千代の方が適性があると言えましょう。

 

まとめ

 

以上のように、この2体は様々な点で長所、短所があり、どちらが上とは一概に言うことはできません。

 

個人的にはクシナダパなどで闘技場を回る時はユウナ、最近のマシンタイプのダンジョンの発狂が強いボスモンスターなどに対してはぎん千代という風に使い分けたら良いのではないかと考えます。

 

コラボガチャの星6と通常ガチャの星6ということで、非常にパワーバランスもよくとれていて良いバランス調整ではないかと思います。

f:id:supermisosiru:20170730114523p:plain

やっぱり似てる

 

少々長くなってしまいましたが今回の内容は以上です。

 

お役に立てれば幸いです。